読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あゆふぉとろぐ

~カメラを持って地球を散歩してみた旅女のおはなし~

南米準備編①

たびの話

1月31日いよいよ南米に出発です!

 

ですがまだまだ準備が終わってない!(笑)

明日の夜今住んでいる福岡を発つ予定ですが

まだパッキングを1ミリもしていない…笑

 やることがたくさん!

買うものもたくさん!

 

中には予防注射やVISAのような

計画的な準備がいるものもあるので

私がどういうスケジュールで

どういう準備をしていたのか

お話ししたいと思います!

 

(完全にスケジュールミスなので

反面教師的に参考にしてください。(笑))

 

1.航空券

まず今回の旅に出るのに

一番最初に準備したのがこれ!

 

今回使ったサイトが「トラベルコちゃん」

www.tour.ne.jp

このサイトの「周遊券」という普通の往復航空券ではなく、

インとアウトが別々の国でいいだけでなく

旅行中の飛行機移動もまとめてとれてしまうという

とても便利な飛行機のとり方があるので

今回はそれを利用しました。

 

といっても飛行機を取る時、旅程は全く決まってなかったので(笑)

ペルーin、ラスベガスoutの飛行機を取りました!

 

 

2.黄熱予防接

FORTH(厚生労働検疫所)では

南米やアフリカといった地域にある国のいくつかを

「黄熱病に感染する危険のある地域」と指定し

予防接種を推奨しています。(詳しくはこちら

 

今回の旅で訪れる予定の国では

ペルー、アルゼンチン、ボリビアが推奨地域に含まれています。

 

推奨地域なので、予防接種をしないと入国できない

といった制約はないのですが

調べてみると致死率が50%もあるといわれており

さすがに怖いので予防接種を受けに…

 

この予防接種、検疫所で受けることができるのですが

私が住んでいる近くにあったのが福岡検疫所。

福岡検疫所では毎週水曜日の午後に行われています。

各検疫所によって行われている曜日や時間が違うので

上のリンクから確認してみてください!

 

ここで気を気をつけなければいけないのが1つ。

 

予防接種は受けてから10日経たないと効力がない

 

予防接種は受けてから10日経たないと効力がない

 

予防接種は受けてから10日経たないと効力がない

 

大事な事なので3回言いました。

私はこれでスケジュールミスを犯しました。

最初に訪れる国、ペルーにつくのが2月1日。

予防接種を受けたのが1月25日。

4日ほどペルーで無防備な生活を送らなければなりません。

先生にも「しっかり虫よけしなさいね」と念を押されました。

 

アフリカなど、中には予防接種を

きちんと受けていないと入国できない国もあるので、

しっかり調べて計画的に進めていきましょう。

 

ちなみに一度打つと一生涯予防の効果があるので

予防接種の際に渡される証明書(通称「イエローカード」)は

なくさないように大事に保管してください!

(なくしても10年は再発行してもらえるらしいのですが、

それ以降は摂取からやり直しらしいです。

私が受けた2017年1月の時点で11180円…

なかなかの出費でした…)

 

 

3.ESTA申請

そもそもESTAって何?

そんな方はこちらを!

 

簡単に説明すると

「VISAを免除する代わりに申請してね」

というVISAの代わりになる電子認証システムです。

72時間以内に結果が出るらしく、

渡航の72時間前までの申請を推奨しています。

 

ちなみに私が以前アメリカに旅行した際は

数時間で許可されました(笑)

 

こちらのサイトから日本語で申請ができます!

 

このESTA、トランジットでアメリカを通過する際も

必要になるらしいのでお気を付けください!

 

 

南米は準備が大変ですが頑張ります!

 

次回は南米準備パッキング編。

さて、準備は無事に終わるのでしょうか。(笑)